大切な人をなくした人へ。 喪失を抱きしめて生きる。

織りカフェ

  • HOME »
  • 織りカフェ

大切な人をなくした時 ひとりで孤独におちいっていませんか。

織りカフェは、心の奥にしまいこんだ本当の悲しみをはきだす場です。
ゆっくりと自分の心の声に耳を澄ませる場です。
自分に気づくとは、自分の命の意味を知っていくということです。
何も考えたくない、何も語りたくない、もちろんそれもありです。
ただそこにいてその空気をを感じるだけでの場でもあります。
裂けてしまった心の布地を、織り直していく場です。

 

人は皆 心の中に自分だけの織物を持っています。

人生で関わった多くの人が、あなたの心の織物のそれぞれ一本の糸になり、自分だけの布地を作っていきます。
たくさんの糸で紡がれた織物は、どんな色をしていますか。
どんな柄でしょうか。
あなたのお父さん、お母さん、兄弟、お友だち、恋人、旦那さんや奥さん、先生、おじいちゃんおばあちゃん、ご近所さん。
もしかしたら、言葉を交わしたことのないただ道ですれ違っただけの素敵なあの人も、心の布地を織る一本の糸になっているかもしれません。

 

禅僧ティクナット・ハン師の教え。

禅僧ティクナット・ハン師はこう言います。
あなたの先祖は、皆あなたの中にいます。
あなたの細胞ひとつひとつの中に生きています。
自分を愛することで、ご先祖様にも愛を与えてください。
あなたは自分を愛する時、すべての先人に愛を与えます。
それが無我の英知です。
あなたは独立した存在ではなく、親、先祖の継続ですから。
自分を愛し、大切にすると、あなたの中の親と先祖をいたわることができます。
彼らへの優しさです。

 

あなたの心の織物はどんなですか。

ティクナット・ハン師の言うように、遥か彼方の昔から脈々と受け継がれてきた命が自分自身です。
ご先祖様や親兄弟のように血縁関係で結ばれた関係だけでなく、愛で結ばれた人との関係もまた命を育んだもののひとつです。
愛する人を失いその人との糸が突然切れ、あなたの心の布地も切れてしまったように感じているかもしれません。
関係が深ければ深いほど、愛が深ければ深いほど、何本もの糸が切れてしまったように感じることでしょう。
切れた糸がこんがらがってどうにもできなかったり、自分自身で自分を責め、自ら深く布地を傷つけてしまっているかもしれません。

裂けてしまった布地。
真っ黒で、ただただのっぺりとした布地。
あるいは真っ白なもの、なくなった人が好きだった色や柄。
ぐちゃぐちゃで、しわだらけになった布地。
いくつもの糸が切れて、こんがらがってしまった布地。
どんなものにせよ、その布地は深く傷んでいることでしょう。

 

心の布地が傷んでしまったあなたへ。

失ったものはもとにはもどりませんが、失ったことから生まれてくる感情や想い経験を抱きしめてあげられるようになると、ガサガサだった布地が少しづつ柔らかくなってきます。
失ったという現実は変わらなくても、新しく想うこと。
それが希望。
希望という言葉は今の自分には縁がない、届かない、遥か遠くのかなたにあるのものかもしれませんが、今現在の状態が永遠に続くことはありません。

グリーフは、乗り越えるものでも、忘れるものでもありません。
グリーフを大切に胸抱きながら生きていくことです。
死には、それぞれの意味があります。
残された人は、その人と自分とのかかわりをかみしめ、その死が伝えようとするメッセージに耳を澄ます。
人は辛い出来事や絶望の中からでさえ、光を見つけることが出来るのです。
その事に気づいた時、自分の中に生きる力を感じられるようになるのだと思います。

生きることは忘れないで覚えておくこと。
ゆるやかに忘れてゆくこと新しく想うこと。

織りカフェは、こんがらがった心の布地を少しづつ織り直していく場所です。
少しでも気持ちがほぐれたり、ホッとできる時間になればと思っています。

 

織りカフェ

2017年活動開始にあたり準備中。

 

 

お気軽にお問い合わせください

ブログ 

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © Heart Hope Mother All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.